アーカイブ

実印使用のシーンについて

実印を作るという方もいらっしゃると思います。
その多くの場合が、印鑑登録を行うため作成をするのではないでしょうか。
では、どのようなものに実印を使用するのでしょうか。
先ずは公正証書などの作成です。
公正役場などでこのような書類を作成する際に必要となります。
また、金銭の授受が行われる際ですとか賃貸証明や契約などにも用いることが多いでしょう。
そして不動産の取引です。
不動産売買の際にも実印を用いることが大半です。
遺産相続。
相続手続きを行う際は放棄の場合も含め実印を使用することとなります。
自動車や電話などの取引の場合。
自動車を売買する際ですとか、電話回線を家に引くといった時に実印が必要な場合もあります。
保険金類の受領の際。
保険金をはじめ、補償金などを受領する際にも実印を使用される場合も多いでしょう。
また、官公庁での手続きや恩給などを受ける際ですとか法人の発起人などになる際にも使用をします。
このように、様々な場面・重要な場面において実印を使用することが多いと思いますから、作成をしておくと良いですね。
今では、インターネットなどを通じて作成することも出来ますから時間が無いという方でも・近くに店舗が無いという方でも作成することが出来るでしょう。
実印というものは、非常に重要な場面で利用するものです。
個人用でも法人用でも、証明度の高い書類を作成する場合に用いられることが多いため、管理やそのデザインといったものなど、気をつけるべき点というものが沢山にある印鑑なのです。
実印というものを甘く考えてしまうと、一生を棒に振るようなトラブルに巻き込まれてしまうケースも少なくありません。
一般的に公務員というものが作成した以外の文書のことを私文書と言いますが、こういったものの中に、実印というものが捺印されている場合、その文書の内容については、その実印を保有している人間が全て了承し、自らの意思で作成された意味のある文書であることを意味することになります。
例えば自分が保有している不動産を垢の他人に相続するだとか、自分の会社をまったく顔も知らない見ず知らずの人間に対して譲渡するといったようなことが書かれていて、自分の意思がまったくそこにはなかったとしても、そこにあなたの実印が捺印されていれば、本人の意思によるものとして処理されることになるのです。
こういったものが契約書などであれば、その契約は完全に締結されたものとして法的に証明されることになるのです。
例えば見ず知らずの借用書を作成され、自身の実印が捺印されていたとすれば、そこにはあなたの意思とは関係なく借金が発生することになります。
それが完全に詐欺であっても、それを立証する必要が出てくるわけです。
どうしても契約といったものや、その私文書は自分の意思ではないということを証明するためには、裁判などを起こし、それが騙されて捺印したものや、盗難に遭って勝手に捺印されたという証拠を揃え、それを証明する必要があるということなのです。
三文判や認め印といったものであれば、誰にでもどこででも購入することが可能ですから、実印オススメの素材から探すことで、それが偽物であるという立証を行うことは意外とたやすく行う事が出来ますが、実印ともなれば、そうそう簡単に手に入れられないものですし、本人の意思とは関係ないという立証は非常に困難になるのです。

更新情報

2015-08-03
実印使用のシーンについての情報を更新しました。
2015-08-03
印相とはの情報を更新しました。
2015-08-03
実印を紛失してしまったらの情報を更新しました。
2015-08-03
実印作成の際のポイントは?の情報を更新しました。
2015-08-03
実印として印鑑登録を行うにはの情報を更新しました。
ページ上に戻る